理想のバストサイズに大変身|豊胸手術で女性らしい身体をGET

女医

美容整形でバストアップ

胸

大事なクリニック選び

美容整形の豊胸手術をするときに大事なのがクリニックの選びかたです。プロテーゼ挿入やヒアルロン酸豊胸など、沢山の豊胸手術がありますが、どの手術であっても医師の経験やスキルがものをいいます。プロテーゼ挿入では使っているプロテーゼの材質が悪いと数年ごとの入れ替えが必要になり、そうなると手術による体やお財布への負担が大きくなります。ヒアルロン酸豊胸はプチ整形なので、体をメスで切らないで出来ます。しかし、ヒアルロン酸の入れ方によって仕上がりが違います。少量ずつ細かく注入すると自然な仕上がりになりますが、一気に注入するとヒアルロン酸がしこりになることがあります。その辺をしっかり工夫してくれる医師の元で手術を受けることです。

痩身も同時にできる

豊胸手術と脂肪吸引が同時にできる、夢のような手術が「脂肪注入法」です。脂肪注入法では、まず気になる部分についている皮下脂肪を脂肪吸引マシンを使って吸い取ります。そして、その吸い取った脂肪を注射器を使ってバストに注入していきます。バストアップと痩身が同時にできて、メリハリのあるモデルのようなグラマーなスタイルになる美容整形です。自分の脂肪を使うので、異物を入れてバストアップする豊胸手術とは違い、見た目もさわり心地もとても自然なバストになります。普通の脂肪注入法だと、脂肪をそのまま入れても代謝されて半分くらいなくなります。しかし、脂肪から血液や老廃物などの不純物を取り除き、濃縮してから入れる「コンデンスリッチ脂肪注入法」なら脂肪が8割以上定着します。